facebookでシェア twitterでシェア
墓地の種類

墓地には大きくわけて次の種類があります。

墓地の種類 運営 特徴
公営墓地 地方自体が運営 永代使用費や管理費が比較的安価
宗教宗派を問わない
購入権は抽選
競争率は高い
民間墓地 民間企業が運営 公営墓地より費用は割高
宗教宗派を問わない
購入権は先着順が多い
企業の経営状況が墓地の管理面に影響を及ぼす可能性がある
寺院墓地 寺院が運営 寺院境内あるいは寺院所有土地
寺院の檀家が条件(宗教宗派は限定される)
最近消滅する寺院が増えており、その場合は墓地も消滅する可能性がある
共同墓地 「墓地、埋葬等に関する法律」施行以前に地域の集落などの単位で構成された墓地
運営者はいない
新規に墓所を購入するのはほぼ不可能
管理はすべて自分たち

お墓1

お墓の相場

お墓の相場は墓所がある場所の地代の影響が大きく、地域により大きな差があります。墓所の永代使用費と墓石費を合算した価額は全国平均では約200万円ですが、東京都の平均は約260万円です。全国平均の内訳をみると、墓石の価額は100万円未満がもっとも多く約35%、100万円から150万円がそれに続き約30%です。墓所の永代使用費は50万円未満が約40%、50万円から100万円が約35%となっています。

【墓石の価格/全国平均】

100万円未満 35%
100万円~150万円 30%

【永代使用料/全国平均】

50万円未満 約40%
50万円~100万円 35%
そのほかの埋葬方法

墓地、墓所にする土地の不足を補うため、都市部では納骨堂やロッカー式の墓所も少しずつ普及しているようです。屋内施設なので掃除などの手間はかかりませんが、使用期限が決まっている(永代ではない)ところがほとんどで、期限満了後はどこかの墓地に合祀されるようです。ただし費用は墓地にかかる費用の3分の1以下です。

関連する記事

Related Articles

お葬式が終わったら

カテゴリで記事を探す

Category Articles