facebookでシェア twitterでシェア
形見分けとは

形見分けとは、故人が遺していった思い出の品々を親戚縁者や故人と親しかった友人・知人などが受け継ぐことを指します。文字通り、「形を見る」という意味から生まれた言葉で、故人の残した品を見て故人(形)を思い出すことから「形見」と呼ばれるようになりました。故人の身代わりになるという意味で「スソワケ」と呼ぶ地域もあります。

形見分けの方法

形見分けする遺品は故人の衣類や、小物などの愛用品、コレクション、書籍、楽器、家具など様々です。形見分けをする時期は忌明け後(四十九日法要の後)とされています。四十九日の法要の後に、参列された人に形見分けの物を渡すという場合も多いようです。誰に何を渡すのかは悩ましい問題ですが、遺言状やエンディングノートにその記載があれば故人の意向に沿うのが良いでしょう。形見分けは故人と縁あった人に、故人縁の物を渡し、故人を思い出していただくという意味があります。形見分けをされた人に喜んでもらえる物を選ぶことが大切ですね。

 

気をつけること

形見分けをする際、次のようにいくつか気をつけなければならないことがあります。

遠慮されたら、押し付けることは避けましょう。

衣類はクリーニングに出してから渡しましょう。

故人にとっては大事な物でも傷んでいるもの、安価すぎるものは控えましょう。

故人より目上の人には形見分けはしないのが基本です。

高額な物には贈与税がかかります。

また、形見の所有権は遺族にありますが、親族に何も相談せずに親族以外に高価な形見を渡してしまうとあとあとトラブルの原因になりかねません。形見を渡す前に、親族間で話をすることをお勧めします。

引き取り手のいない形見は遺品整理を

どうしても引き取り手がいなく、また遺族も使う予定のない形見は処分することになります。大切な思い出の品は取って起きたいものですが、整理しないといつまでも片付かなくなてしまいます。
遺品整理については以下で詳しくご紹介していますので、参考にしてみて下さい。

遺品整理の注意点ー前編ー

遺品整理の注意点ー後編ー

 

 

 

関連する記事

Related Articles

お葬式が終わったら

カテゴリで記事を探す

Category Articles