facebookでシェア twitterでシェア
生前にお墓を建てるメリットとは

自分が入るお墓を自分で選ぶことができます。墓所の場所、墓石の種類やデザイン、価額などを納得いくまで時間をかけて選ぶことが可能です。最大のメリットは家族の負担軽減です。お葬式だけでなく、お墓の手配も重なるのは大きな負担ですね。

また、相続税法で「墓所、霊廟および祭具ならびにこれらに準ずるもの」は課税されないと定められています。お墓を建てるための現預金は課税されますが、建てたお墓(墓所も含めて)には課税されないため、相続税の負担も小さくすることができます。

メリット1 場所、墓石の種類、価額を時間をかけて選べる
メリット2 家族の負担軽減
メリット3 現金で家族に残すよりも相続税が軽減される

生前に墓1

お墓の建て方

お墓の建て方は、どのタイミングであっても共通で次のようになります。

1 墓所を探す(公営墓地、民間墓地、寺院墓地)
2 希望する墓所に空きがあれば申し込む
3 永代使用権(公営墓地の場合は使用許可)を取得したら費用を支払う
4 石材店を選択
5 墓石の石材、デザインなどを決定し契約する
6 石材店による工事
7 墓石費用を支払う

墓石1jpg墓石2

最近ではメッセージや、図柄を掘られた墓石も増えています。

関連する記事

Related Articles

お葬式が終わったら

カテゴリで記事を探す

Category Articles