おそうしき読本

さいごの「別れ」について考えよう。

お葬式の豆知識

お葬式用語

後飾りとは

火葬を終えて家へ戻った遺骨は、「後飾り」と言われる祭壇へ安置されます。後飾りを正しく整えることは、故人への弔いの気持ちを表現することでもあり、同時に弔問してくださる方が故人へお参りするための大切な場所でもあります。ここでは、後飾りの意味や方法、道具などについてご紹介します。

後飾りについて

後飾りとは

後飾りとは、葬儀が終了してお骨を自宅へかえす際に一時的に安置するための祭壇のことです。後飾りを作る目的は安置だけではなく、故人の冥福を祈る場所を作るという目的もあります。また、お葬式に参列できなかった方が弔問してくださる際、お参りする場でもあります。

安置する期間は宗教によって異なり、仏式の場合は四十九日まで、神式の場合は五十日祭まで、キリスト教の場合は追悼ミサや昇天記念日までです。仏式では特に、四十九日のことを満中陰(まんちゅういん)とも呼ぶため、後飾りのことを中陰檀(ちゅういんだん)と言う場合もあります。

 

後飾りを置く場所

家に仏壇がある場合は、仏壇の前に後飾りを作ります。また、仏壇がない場合には、部屋の北側あるいは西側に飾りましょう。

 

どのようにして用意するのか

後飾りとそこへ飾る道具は、葬儀社が用意してくれることがほとんどです。お葬式プランに含まれているか、オプションとして追加するかは葬儀社によって異なりますので、予算を検討する際には必ず確認するようにしましょう。

 

後飾り1

 

各宗派における後飾り

仏式

仏式の後飾りは通常2~3段あり、白木で作られているものが多くあります。また、白木で作られていない場合は檀に白布をかけます。

仏式の後飾りには、遺影・位牌・遺骨・一輪挿し・香炉・鐘・蝋燭台・線香立て、お供え物などが飾られます。並べ方は特に定められていませんが、遺影・位牌・遺骨は上段、それ以外は下段に飾るのが一般的です。この他、蓮華や屏風、あかりなどを一緒に飾る場合もあります。価格は、飾る物の量や質が多ければ多い程高くなります。葬儀社では、ランク別に後飾りが用意されていることが多くありますので、一度問い合わせてみると良いでしょう。

 

神式

神式では主に白木で作られた八足の祭壇が使用されます。神式では、遺骨がお葬式から家へ戻る際、

無事に葬儀を終えたことを神へ報告する帰家祭が行われます。後飾りで八足を使用する場合は、帰家祭を行うための仮霊舎の檀を設ける必要があります。

神式で飾るものは、遺影、霊璽(れいじ)、洗米、水やお神酒、塩、榊、灯明などです。神式の後飾りには仏式と同じものが使用されることもありますが、飾るものは異なることを予め把握しておきましょう。

 

キリスト教式

キリスト教式の後飾りには特に決まりはありません。最も多いのは、小さなテーブルに白布をかぶせたものです。後飾りの上には、遺影、十字架、花、燭台、お供え物、聖書などが飾られます。飾るものも特に決まりはありませんので、思い思いのものをお供えすることができます。

 

後飾り3

 

後飾りの処分・片づけ方

後飾りは、納骨が済んだら役目を終えます。処分する場合は、一輪挿し・香炉・蝋燭台・線香立てなどは割り、各自治体の方法に則って処分しましょう。鐘は、捨てても仏壇にあるものと取り換えても問題はありません。また、後飾りや飾るものは、仮のものとして扱われるものであるため、捨てる前にお清めなどの儀式も不要です。

しかし、処分すると言っても祭壇として故人を奉っていたものであるため、ごみとして捨てるのは気が引けますよね。その場合は、ほとんどの葬儀社では電話一本で後飾りの回収をお願いすれば、引き取りに来てくれますので、お願いすると良いでしょう。

 

後飾り2

 

 

 

 

その他の記事を見る
お葬式の費用ss お葬式の費用

>最新記事を見る

エンディングノートを作ろうss エンディングノートを作ろう

>最新記事を見る

生前予約ss 生前予約

>最新記事を見る

お葬式の準備 TOPへ

お葬式の種類ss お葬式の種類

>最新記事を見る

お葬式用語ss お葬式用語

>最新記事を見る

宗教と宗派ss 宗教と宗派

>最新記事を見る

お葬式の豆知識 TOPへ

]喪主・施主のマナーss 喪主・施主のマナー

>最新記事を見る

参列者のマナーss 参列者のマナー

>最新記事を見る

その他のマナーss その他のマナー

>最新記事を見る

お葬式のマナー TOPへ

法要ss 法要

>最新記事を見る

お墓と仏壇ss お墓と仏壇

>最新記事を見る

遺品と取扱いss 遺品と取扱い

>最新記事を見る

お葬式が終わったら TOPへ

PAGE TOP