facebookでシェア twitterでシェア
生きているうちにお葬式の見積りは縁起が悪い?

存命中に自分のお葬式の見積もりを葬儀社からとっておくことを生前見積もりといいます。「死ぬことを考えるなんて縁起の悪い」と言われそうですが、最近は生前見積もりをとる方が増えているようです。生前見積もりにはどのようなメリットがあるのでしょうか。一緒に考えてみましょう。

生前見積もりがもつ意味とは

これまでは、故人が亡くなった後に葬儀社を呼んで、時間のないなかで慌ただしくお葬式の準備を進めるのが一般的でした。つまり、どのようなお葬式にするか、じっくりと検討することなく葬儀社に依頼せざるを得なかったわけです。お葬式の費用は全国平均で約200万円と結構な額がかかります。もしもほかのことで200万円を支出するなら、その内容を吟味、検討しない方は少ないのではないでしょうか。充分に時間をかけて検討し、納得したうえで、決断するでしょう。人の死は突発的に訪れることも少なくありません。生前のうちに葬儀社の提案を聞き、こちらの希望を伝えながら、自分のお葬式の全容を明確にしておくこと、それこそ生前見積もりがもつ大きな意味です。

生前見積もり

家族のためにも

家族は故人が亡くなった後は、哀しみに打ちひしがれていることでしょう。そんな状況のなかで、お葬式の準備を進めなければなりません。会葬者を何人にする、お棺や祭壇、供花はどれを選ぶなど、決めなければならないことは多く、またその金額が適正で納得できるかを検討している時間もありません。また、生前であれば、複数の葬儀社の話を聞いて、見積もりを比較することで、納得のいく葬儀社を選ぶことができるでしょう。

このように、生前見積もりをとり、場合によっては家族に納得してもらっていれば、家族はお葬式の準備に煩わされることなく、故人とお別れをすることができます。その意味では、生前見積もりはエンディングノートのひとつといえるかもしれません。

関連する記事

Related Articles

お葬式の準備

カテゴリで記事を探す

Category Articles