おそうしき読本

さいごの「別れ」について考えよう。

お葬式のマナー

喪主・施主のマナー

お香典返しのマナー

お葬式(お通夜、葬儀式・告別式)の時に、お香典を包んでくださった会葬者への感謝の気持ちの品を贈るのがお香典返しです。ここでは、お香典返しの相場や何を贈るのか、贈り方について説明します。

 

お香典返しの相場

「半返し」という言葉があるように、お香典返しとして贈る品物の金額は、いただいた金額の半額程度が相場となっています。個々のお香典の額に対してきっちりと半額を返す必要はなく、およその目安を3分の1から半額と考えておけば良いでしょう。5,000円には2,500円、1万円には5,000円、2万円以上には1万円の3パターン程度を用意するのが一般的なようです。

 

なお、お葬式当日にお返しをする「当日返し」が最近では増えているようです。この場合は2,000円から3,000円の額の品物を返すことが多いようです。当日返しをした時に、高額のお香典をいただいてしまっていた場合には、後日半返しの額との差額に相当する品をお贈りするのが良いでしょう。

 

香典返し1

 

いつ何を返せば良いのか

お香典返しは、喪に服する期間(忌服期間)がすぎてから(忌明け)贈るものとされています。忌明けは一般的には四十九日の法要がすんだ後となっています。直接手渡しをすることができれば、最も礼にかなう方法になりますが、遠隔地からの会葬者が多い現代では、礼状・挨拶状とともに配送するのが一般的です。

 

贈る品選びのポイントは、お葬式という不幸に対するお返しですから、残らないものを選ぶことです。海苔やお茶、お菓子などの食品類、石鹸やタオルなどの消耗品が無難でよく選ばれています。ただし、食品を贈る場合「四つ足生草もの」と呼ばれる肉や魚は避けたほうが良いと言われております。しかしながら、最近ではカタログギフトが人気のようで、カタログの商品の中には「残るもの」や「生臭もの」も含まれておりますが、貰った方は古いしきたりにとらわれることなく、ステーキ肉やしゃぶしゃぶのお肉を注文される方も多く見受けられます。

 

お香典返しの贈り方

直接手渡しすることができない場合には、礼状・挨拶状を品に添えて配送で贈るのが良いでしょう。礼状・挨拶状には、お葬式に際してお世話になったこと(会葬してくれたこと)へのお礼、四十九日の法要もすみ無事に納骨したことの報告を書き記します。また品には、熨斗(のし)をかけます。のしは、「黒白結びきりの水引」が一般的です。また表書きは、仏式の場合は「志」、神式の場合は「偲び草」、キリスト教式の場合は「志」もしくは「偲び草」とし、家名を書きます。

 

香典返し2

 

 

 

その他の記事を見る
お葬式の費用ss お葬式の費用

>最新記事を見る

エンディングノートを作ろうss エンディングノートを作ろう

>最新記事を見る

生前予約ss 生前予約

>最新記事を見る

お葬式の準備 TOPへ

お葬式の種類ss お葬式の種類

>最新記事を見る

お葬式用語ss お葬式用語

>最新記事を見る

宗教と宗派ss 宗教と宗派

>最新記事を見る

お葬式の豆知識 TOPへ

]喪主・施主のマナーss 喪主・施主のマナー

>最新記事を見る

参列者のマナーss 参列者のマナー

>最新記事を見る

その他のマナーss その他のマナー

>最新記事を見る

お葬式のマナー TOPへ

法要ss 法要

>最新記事を見る

お墓と仏壇ss お墓と仏壇

>最新記事を見る

遺品と取扱いss 遺品と取扱い

>最新記事を見る

お葬式が終わったら TOPへ

PAGE TOP