おそうしき読本

さいごの「別れ」について考えよう。

お葬式のマナー

参列者のマナー

喪服が無い!急なお葬式の対応法

急なお葬式があった場合、真っ先に揃えなければならないのは喪服です。お葬式はあまり出会わない事態なので、喪服を持っていない人も少なくありません。また、以前に購入した喪服があったとしても、いざ使う時になってみたら体型が変わっていて着られなくなってしまっていることもあります。ここでは、急ぎで喪服を用意するための方法をご紹介いたします。

 

喪服をレンタルする方法

お葬式社からレンタルする

喪服を用意する方法のひとつに、お葬式社からレンタルするという選択肢があります。お葬式社は24時間対応のところが多くあるため、次の日までに用意をしたい緊急の場合でも安心です。サイズ違いの服が多数用意されているところが多く、また直接試着をして選ぶことができる点でも安心です。

金額は、和服でも洋服でも4,000円程度のものから用意されています。金額設定はお葬式社によっても異なり、服単体でのレンタルや、バッグや靴などの一式を含めた金額が提示されている場合もあります。和服の場合は、肌着や足袋は消耗品として扱われてレンタルはされず、単体で販売されています。中には、和装一式のセットにプレゼントとして含まれている場合があります。

 

単体価格 バッグ、靴などを含む

一式価格

女性和装 8,000~30,000円 15,000円~
女性洋装 4,000~10,000円 6,000円~
男性洋装 4,000~8,000円 6,000円~
男性モーニング 8,000~20,000円 15,000円~

※肌着と足袋別途購入の場合 1,500~2,000円

 

貸衣装店からレンタルする

レンタルするもう一つの方法として、貸衣装店からレンタルする方法があります。お葬式社でのレンタルと同様に試着ができますが、24時間対応ではないので、お葬式までに数日時間がある方におすすめです。レンタル費用は、お葬式社と同じくらいの価格帯と考えておいてよさそうです。

 

インターネットでレンタルする

喪服は、インターネットサイトからレンタルすることも可能です。直接お店に出向くことはできないところが不安点ではありますが、一度試着をして合わなければ返送し、ひとつ上のサイズを再度送ってもらえるサイトも存在します。また、当日16時までに注文をすれば当日に届けてもらえるところもあるので、緊急の時でも安心です。

インターネットでのレンタルはまた、実店舗でのレンタルよりも安価なのが特徴です。実店舗での単品価格で、一式セットをレンタルすることも可能なため、良質な喪服をリーズナブルな価格でレンタルすることもできます。返却時はクリーニング不要なところも多く、やりとりも楽にできるよう工夫されています。

 

バッグ、靴などを含む一式価格
女性和装 12,000円~
女性洋装 5,000円~
男性洋装 6,000円~
男性モーニング 15,000円~

 

喪服を購入する方法

店舗で購入する

急いで喪服を購入したい場合は、スーツ専門のお店や喪服専門のお店へ行きましょう。価格帯はそのお店によって大きく異なりますが、一式20,000円程度から揃えることが可能です。

 

インターネットで購入する

喪服は、オンラインで購入することもできます。楽天やアマゾンなどのショッピングモールなどでも喪服専門店が複数あり、アンサンブルから和服まで、幅広いサイズ展開で販売されています。実店舗より運営に経費がかからないという点でも、通常はなかなか作れない小さいサイズや大きいサイズも販売されている点が魅力です。

和服に関しては、購入となるとお値段が跳ね上がる傾向があります。

 

単体価格 バッグ、靴などを含む

一式価格

女性和装 30,000円~ 50,000円~
女性洋装 10,000円~ 20,000円~
男性洋装 8,000円~ 15,000円~
男性モーニング 10,000円~ 15,000円~

 

 

 

 

その他の記事を見る
お葬式の費用ss お葬式の費用

>最新記事を見る

エンディングノートを作ろうss エンディングノートを作ろう

>最新記事を見る

生前予約ss 生前予約

>最新記事を見る

お葬式の準備 TOPへ

お葬式の種類ss お葬式の種類

>最新記事を見る

お葬式用語ss お葬式用語

>最新記事を見る

宗教と宗派ss 宗教と宗派

>最新記事を見る

お葬式の豆知識 TOPへ

]喪主・施主のマナーss 喪主・施主のマナー

>最新記事を見る

参列者のマナーss 参列者のマナー

>最新記事を見る

その他のマナーss その他のマナー

>最新記事を見る

お葬式のマナー TOPへ

法要ss 法要

>最新記事を見る

お墓と仏壇ss お墓と仏壇

>最新記事を見る

遺品と取扱いss 遺品と取扱い

>最新記事を見る

お葬式が終わったら TOPへ

PAGE TOP