facebookでシェア twitterでシェア
供花の贈り方

供花には遺族・親族によるものと、故人の友人・知人や関係者などによるものがあります。遺族・親族による供花は故人が寂しくないように祭壇の周りを飾るためのものです。親族には喪主(喪家)から、電話等で供花を出してほしい旨の相談があります。喪家で葬儀社にとりまとめて依頼をして、お葬式後に精算する方式をとるのが一般的です。

故人の友人・知人等による供花にはお通夜・お葬式に会葬する人が出す場合と、お通夜・お葬式ともに会葬できないので供花を出す場合の二通りがあります。いずれの場合も贈り方は次のようにするのが一般的です。

訃報の知らせを聞いたら、葬儀会場に連絡をして葬儀社を確認します。

葬儀社に連絡をとり、供花を贈ることを依頼します。

喪家はお葬式の準備で大忙しですので、喪家に問い合わせるのは控えましょう。なお、葬儀会場に連絡をして「供花を贈りたいので葬儀社を教えてほしい」と依頼した時に、葬儀社ではなく生花店を教えられた場合には、その生花店から供花を贈ることができます。葬儀場によっては指定生花店からの生花しか受け付けないところがあります。葬儀社を通すか、葬儀場推薦の生花店であれば問題ないでしょう。

葬儀場ないし生花店に供花を依頼すると、贈り主のフルネームを聞かれます。それに答えれば供花に添える木札も用意してくれます。なお会社など法人として送る場合には、法人名と代表者名(会社であれば代表取締役)を木札に明記するのが一般的です。

供花の種類

供花のスタイルにはいくつか種類があり、スタンド、花籠、盛花などがあります。スタンド式のものは親族など、より故人と関係の深い場合に送ることが多いようです。

供花を贈るタイミングと相場

お通夜はその日の午前中までに、お葬式は前日までに供花が供えられている必要があります。生花の準備と届ける時間が必要ですから、早めに(届ける日当日ではなく前日までに)注文するのが賢明ですね。

供花の相場は、1基あたり15,000円から20,000円といわれています。もっとも5,000円程度からありますし、高いものは50,000円を超えるものもあります。個人との関係を考えたおおよその目安は次のようにお考えください。

関係性および贈り主 金額
遺族、親族 1基20,000円~
故人と縁ある会社として出す場合 1基15,000~30,000円
故人の友人・知人 1基5,000円~20,000円
供花とお香典

供花を贈った場合にはお香典は包まない(包むものではない)、という考え方が一部にはあるようです。しかし、お香典と供花は意味合いが異なります。ですから、供花を贈ったからといってお香典を包まないのはあまりお勧めできません。お葬式に会葬できない場合に、お香典の代わりに供花を贈ることは一般的に認められているようですが、お通夜やお葬式に会葬するのであれば、供花を贈ったとしてもお香典を包んだほうが良いでしょう。

関連する記事

Related Articles

お葬式のマナー

カテゴリで記事を探す

Category Articles