おそうしき読本

さいごの「別れ」について考えよう。

お葬式のマナー

参列者のマナー

お葬式に子供を参列させる?

お通夜、お葬式に参列することになった場合、子供を参列させるかどうかは大いに悩むところです。乳児や幼児の場合、お通夜やお葬式の途中で騒がないか、泣き出さないか、じっとしていられるか。厳粛な場に小さな子供を参加させるに当たって、心配はつきません。
ここでは、故人と子供との関係性と合わせて、お通夜やお葬式に参列するかしないかを考えてみましょう。

 

子供参列1

お葬式に子供を参加させるのは非常識?

年齢にもよりますが、学齢期に達さない幼児や乳児の場合は長時間大人しくするのは親子共に大変なことです。年配の参列者の中には、子供を連れて参加すると「非常識」と眉をひそめる人がいるのも事実ですが、身内が亡くなったのに来ないのは薄情だ、と考える人もいますので、一概に常識、非常識と決められるものではありません。

結論から言うと、小さな子供がいる場合に参列するかしないかは、どちらが正解ということはありません。参列する場合は最低限のマナーを守ることを心掛け、しない場合はその旨をきちんと伝えれば良いのです。

一般的には、子供から見て故人が祖父母や叔父、叔母に当たる場合は子供が小さくても参列することが多いようです。「孫にもおじいちゃん、おばあちゃんと最期のお別れをさせたい」と考える人も多く、孫からすると人の「死」に触れる最初の体験になります。
但し、曾祖父や曾祖母になるとその関わり方によっても変わってきます。また、葬儀が遠方で行われる場合は往復の移動時間も子供にとって大きな負担となりますので、判断基準の一つになります。
小さな子供がいる家庭が通夜やお葬式に参列する場合は、以下のいずれかの対応になります。

 

子供を連れて参列する
夫婦のどちらかが参列し、どちらかが残って子供の面倒を見る
子供を両親や知人に預け、夫婦だけで参列する

 

家族とよく相談し、一緒に参加するか、誰かが残って子供の世話をするか、家族にとって最善の方法を決めれば良いでしょう。

 

子供参列2

 

参列しない場合

相談の上で子供は参加させないと決めた場合には、世話をする人間が必要になります。両親や知人、友人にお願いできる場合は事情を話してお願いするのが一つの手です。うまく預ける相手が見つかれば夫婦のみでの参列も可能ですが、いずれも都合がつかない場合は夫婦のどちらかが残って世話をすることになります。
夫方の親戚の葬儀の場合は妻が残り、妻方の親戚の場合は夫が残って世話をするのが一般的ですが、その場合は子供が小さい為に参列を遠慮する旨を、丁重に伝えましょう。
血縁者が一人出席すれば、十分に礼を尽くしたことになります。

参列する場合

逆に、小さな子供を連れて参列することを決めた場合、まずは連れていっても良いか喪家に確認しましょう。その場合は、「子供も参列する」だけではなく、「もし迷惑でなければ是非参列したいが、子供連れでも良いか」といった趣旨のことを聞くと良いでしょう。お葬式の場合は、各家からの参加人数を確認されますので、その際に確認するのでもかまいません。
葬儀場によっては子供用のメニューを用意しているところも多く、葬儀場側でも子供の参列については良く心得ています。キッズスペースや授乳室などを設けているところもありますので、事前に確認しておくと安心です。
参列を決めた場合には、まずは子供によく言って聞かせることが大切です。

 

これから行くのはどのような場なのか
亡くなったのはだれで、子供とはどんな関係の人か

 

小さな子供なりに、その場の雰囲気は感じ取るものですが、かといって大人のようにふるまうのは難しいものです。
頑張って大人しくしていても、眠くなるとぐずってしまう事もあるでしょう。そういった場合は、読教やお焼香の途中で中座しても特に失礼にはあたりません。その際は他の参列者に軽く頭を下げ、謝罪の意思を示しましょう。
休憩室などで一度気分を変え、戻れるようなら戻り、難しければそのまま休憩室で待っていてもかまいません。中座するタイミングによって、その後どのようにすればよいかは葬儀場のスタッフに相談してみて下さい。
一番気を付けなければいけないのは、「小さな子供なのだからぐずっても大目に見てもらえる」という意識が見え見えになってしまうことです。
子育てを経験した人が大半であったとしても、「親のしつけがなっていない」などと言う人も中にはいますので、万が一子供が騒いでしまった場合には謝罪をする姿勢があったほうが望ましいようです。以下に、小さな子供が参列する場合の注意点を上げますので、参考にしてみて下さい。

 

喪家に子供も参加しても良いかを確認する
子供に事前に説明しておく
万が一子供が騒いだりぐずったりしたら、中座する
 その場合、周りの参列者には軽く謝罪する

 

子供参列3

 

こういったっことがクリアできれば、親族の葬儀に子供が参列することはごくごく自然なことです。昔からお葬式は「孫の祭り」と言って、孫が騒ぐのは故人が長生きした証しとして喜ばしいことでもあります。
もしもの時は、是非家族でよく話し合って決めて下さい。

子供を参列させる場合の服装の注意点については、次回説明します。

 

 

その他の記事を見る
お葬式の費用ss お葬式の費用

>最新記事を見る

エンディングノートを作ろうss エンディングノートを作ろう

>最新記事を見る

生前予約ss 生前予約

>最新記事を見る

お葬式の準備 TOPへ

お葬式の種類ss お葬式の種類

>最新記事を見る

お葬式用語ss お葬式用語

>最新記事を見る

宗教と宗派ss 宗教と宗派

>最新記事を見る

お葬式の豆知識 TOPへ

]喪主・施主のマナーss 喪主・施主のマナー

>最新記事を見る

参列者のマナーss 参列者のマナー

>最新記事を見る

その他のマナーss その他のマナー

>最新記事を見る

お葬式のマナー TOPへ

法要ss 法要

>最新記事を見る

お墓と仏壇ss お墓と仏壇

>最新記事を見る

遺品と取扱いss 遺品と取扱い

>最新記事を見る

お葬式が終わったら TOPへ

PAGE TOP