おそうしき読本

さいごの「別れ」について考えよう。

お葬式の準備

お葬式の費用

費用を安く抑えるには?

いつか親族が亡くなりお葬式を挙げることになった時、あなたはどの葬儀社に頼みますか?また、どのようにして費用を決定するのでしょうか。

お葬式というものは、予め日程を決めて執り行うものではなく、突然やってくるものです。いざという時になって焦ってしまい、高額な葬儀社や悪質な葬儀社に頼んでしまうことがないように予め知識を入れておくことが、失敗を防ぐ第一歩となります。

生前予約しようの記事でもおススメしている通り、前もって準備ができるのが理想ですが、現実はなかなか難しいものです。ここでは急に家族が亡くなり、葬儀社を決めなければいけなくなった時の注意点についてご紹介します。

葬儀社に見積もりをする前にするべきこと

息を引き取ってからお通夜を行い、火葬を終えるまでの一連の作業は、葬儀社へお願いをするのが一般的です。しかし、葬儀の費用や内容は葬儀社によって異なるため、何を基準にして決めればよいのか、判断に困る人がほとんどです。そのため、見積もりをお願いする前には、以下の内容を把握しておくことが大切です。

費用を安く1

見積もりをとる前に把握しておくべきこと

まず把握しておかなければならないのは、最低限必要な手順は何かということです。通常の葬儀を行う場合は、遺体の搬送、斎場利用料、火葬料、そして、棺、遺影写真、枕飾り、祭壇、骨壺などの葬儀に必要な物一式が必要です。より大幅に予算を抑えたい場合や、小規模にお葬式を行いたい場合などは、火葬だけのプランやお通夜を行わないプランなどという選択肢もあります。この場合は、通常の流れで行うお葬式よりも、大幅に費用を抑えられますので、見積もりを取る前に、どのような内容のお葬式がしたいのかを、予め家族と相談して決めておきましょう。

お葬式の費用の内訳を頭に入れておくと、費用の見方がよく分かります。

葬儀の希望は葬儀社と共有しよう

どのような葬儀にしたいのかが決まったら、その旨を葬儀社へ伝えることも大切です。豪華な葬儀にしたいのか、それとも最低限の気持ちを表現できるものにしたいのか、予算があればいくらか、何人くらいの参列者を見込んでいるかなど、葬儀社との認識ズレがないよう予めこちらの想いをしっかりと伝えておきましょう。

 

費用を安く2

 

定額コースを基準にする場合

見積りの一番簡単な方法は、定額コースを基準にすることです。定額コースであれば、金額の内訳を予め把握することができますので、基本的な費用感を簡単につかむことができます。いくつかプランが用意されていれば、自分のイメージに一番近いものを選べます。プランのグレードを何種類かで比較できることは、棺や祭壇のグレードによってどのくらい金額が変わるのかを把握できるという意味でも有効です。

一方、定額コースがない葬儀社に頼む際は、基本プランの中に、最低限必要な内容が含まれているかどうかを確認する必要があります。また、不要な手順が含まれていないかを確認し、必要なければお願いして削ってもらうことも必要です。これらのことを考えると、予め安心の内容が組まれている定額コースがある葬儀社を選んだ方が、主催者の手間も省け、総額を上手に抑えることが可能になります。

 

インターネットを活用する

最近では、インターネット上で一括見積ができるインターネット紹介サイトも多数存在しています。どの葬儀社が良いのか知識がない状態で、葬儀社をいくつかに絞るのは至難の業です。どのくらいの金額でできるのかを把握するためにも、一度インターネットで調べてみても良いかも知れません。

 

費用を安く3

見積もりを取る際の注意点

葬儀社へ見積もりを取る際は、必ず複数の葬儀社へお願いしましょう。例えば、定額コースでお願いしようということが決まっていたり、知人におすすめされた葬儀社があったりした場合でも、複数の葬儀社に見積もりをしてもらいましょう。

ホームページの印象が良くても、実際見積もりをお願いしたら詳細が書かれておらず、ずさんな内容だった…などということも往々にしてあります。見積書の内容は、葬儀社の数だけ違いがありますので、見積もりを取る前に葬儀社を決めてしまうのは、あまりおすすめできません。また、金額だけにとらわれて、安かろう悪かろうのお葬式になってしまっては、後々後悔が残りかねない事態となってしまいます。見積もりを複数の業者へお願いすることは、相場を知るという意味でも大変重要な意味を持っています。

見積もりを複数取る利点は、他にもあります。見積書のやりとりや質問のやりとりなどを行うことで、葬儀社がどの程度丁寧に対応してくれるのかを知ることができるのです。大切な故人を弔うためには、やはり丁寧な葬儀社にお願いしたいもの。葬儀社の印象を確認するためにも、複数へ見積もりを取るのはとても有効な手段です。

突然の家族との別れに直面したら、だれでも動揺してしまうものです。そのような状況でも大切な故人との別れの場を後悔なく納得のいくものにするため、見積もりの取り方、コースの選び方などをしっかりと相談し、納得のいくお葬式を挙げましょう。

 

 

その他の記事を見る
お葬式の費用ss お葬式の費用

>最新記事を見る

エンディングノートを作ろうss エンディングノートを作ろう

>最新記事を見る

生前予約ss 生前予約

>最新記事を見る

お葬式の準備 TOPへ

お葬式の種類ss お葬式の種類

>最新記事を見る

お葬式用語ss お葬式用語

>最新記事を見る

宗教と宗派ss 宗教と宗派

>最新記事を見る

お葬式の豆知識 TOPへ

]喪主・施主のマナーss 喪主・施主のマナー

>最新記事を見る

参列者のマナーss 参列者のマナー

>最新記事を見る

その他のマナーss その他のマナー

>最新記事を見る

お葬式のマナー TOPへ

法要ss 法要

>最新記事を見る

お墓と仏壇ss お墓と仏壇

>最新記事を見る

遺品と取扱いss 遺品と取扱い

>最新記事を見る

お葬式が終わったら TOPへ

PAGE TOP