おそうしき読本

さいごの「別れ」について考えよう。

お葬式の豆知識

お葬式用語

導師とは

お葬式に参列した際、「導師、入場」という司会者の紹介の言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。何気なく聞いている言葉ですが、導師とはいったいどのような役割を持つ人のことを言うのでしょうか。
また、規模の大きなお葬式では複数名の導師によって読経が行われることがありますが、それぞれに役割りがあることを知っていますか?ここでは、導師の意味と種類、役割についてご紹介します。

本来の意味は仏教の教えを説くもの

導師とは、本来は仏教の教えを説く説教者としての役割りを持つものを指す呼名です。古くは高層や仏、菩薩などの呼び名として使われていました。
時代が移り変わり、最近ではお葬式や法要で死者の霊を弔い、中心となって式を執り行う僧侶の役名となっています。死者に引導を渡すことから、引導師、引導僧などとも呼ばれます。
導師として法会を行うためには、住職などの役職に就く高僧である必要があります。

 

導師とは2

 

導師と脇導師

 

お葬式の規模や地域の習慣によっては、複数名の導師で読経をすることがあります。その人数や呼び方は、宗派や地方によって異なります。
複数の導師でお葬式を行う場合、中心となってお葬式を進行する導師を大導師、補助的な役割で読経の一部を担当する導師を脇導師、時導師などと呼びます。導師と同じ寺院で次の位を務める僧侶の場合もありますし、同宗派の別の寺院から呼ぶ場合もあり、ケースは様々です。その他に、お葬式の進行を手伝う「役僧」と呼ばれる人たちが付き添うこともあります。
こういった導師に付きそう僧侶のことを「お立合い」「ご相伴」などと言う地域もあります。
脇導師、役僧には、住職の資格は特に必要ありません。
お葬式は、日ごろ付き合いのある菩提寺の住職が導師となってお葬式を取り仕切りますが、その方法や導師の人数は宗派や地域によっても異なります。
規模によっては導師、脇導師などを含めて複数名の僧侶がお葬式を行うこともありますが、それぞれに役割があります。
以下に、各僧侶の呼び方と役割りを一覧にします。

 

導師とは3

 

導師 お葬式や法要全体を進行する役割を持つ。複数の導師が参列する場合、一番上に立つ導師を「大導師」とも言う。

住職などの位の高い僧侶が務めるのが基本。

脇導師 導師の次に地位の高い僧侶。副導師とも呼ばれる。お葬式や法要では導師について、読経の一部を担当する。住職などの役職は問わない。必ずしも僧侶と同じ寺院から来るとは限らず、導師が他の寺院から呼ぶ場合もある。
役僧 導師、脇導師に付いている僧で、住職各などは不要。お葬式では進行の補助を行う。普段は寺の事務や雑務を担当している。宗派によっては用僧、伴僧などとも呼ぶ。

 

このような僧侶の役割りを重んじる宗派もあります。そういった宗派では、導師一人のみで行うお葬式は「略式」であると認識されるようです。
但しこれはあくまで一つのとらえ方ですので、導師を何人呼ぶかは費用も含めて葬儀社や菩提寺に相談すると良いでしょう。

導師の呼び方

 

日ごろは「ご住職」などと呼んでいる僧侶を、お葬式ではなんと呼べば良いのか悩む人もいます。この場合は「御導師様」と呼べば問題ありません。脇導師も同様です。

 

導師とは1

 

 

 

その他の記事を見る
お葬式の費用ss お葬式の費用

>最新記事を見る

エンディングノートを作ろうss エンディングノートを作ろう

>最新記事を見る

生前予約ss 生前予約

>最新記事を見る

お葬式の準備 TOPへ

お葬式の種類ss お葬式の種類

>最新記事を見る

お葬式用語ss お葬式用語

>最新記事を見る

宗教と宗派ss 宗教と宗派

>最新記事を見る

お葬式の豆知識 TOPへ

]喪主・施主のマナーss 喪主・施主のマナー

>最新記事を見る

参列者のマナーss 参列者のマナー

>最新記事を見る

その他のマナーss その他のマナー

>最新記事を見る

お葬式のマナー TOPへ

法要ss 法要

>最新記事を見る

お墓と仏壇ss お墓と仏壇

>最新記事を見る

遺品と取扱いss 遺品と取扱い

>最新記事を見る

お葬式が終わったら TOPへ

PAGE TOP