おそうしき読本

さいごの「別れ」について考えよう。

お葬式の豆知識

お葬式用語

神式のお葬式に戒名はある?

仏式で葬儀をあげる場合、故人には戒名がつけられますが、神式のお葬式では戒名はありません。戒名は仏の世界に入るために必要な名前とされており、お布施を納めて頂く名前ですが、神式ではどのようにすれば良いのでしょうか。
ここでは神式で戒名に当たるものは何か、またその付け方についてご紹介します。

 

神式のお葬式では諡(おくりな)という

仏式の戒名に当たるものは神式では諡(おくりな)と言い、諡号(しごう)と呼ばれることもあります。
諡は、神道において死後につけられる名前のことです。生前のおこないをたたえる意味を込めてつけられるもので、仏の弟子になるためにつけられる仏教の戒名とは意味合いが異なります。
善い行いをすれば善い諡を、悪い行いをすれば悪い諡を付けられるとされています。
諡は、贈名という漢字が使われる場合もあります。

 

おくりな2

 

諡のつけ方

諡をつける方法
諡は、名前の後ろに追加される形でつけられます。

例えば、70歳までの成人男性の場合は、名前の後ろに「大人(うし)」、成人女性は「刀自(とじ)」という諡が添えられ、最後に尊号として「命(みこと)」が加えられます。山田花子さんであれば、「山田花子刀自命(とじのみこと)」となります。

諡は、年齢や性別によって以下のように分けられています。

 

~3歳まで 嬰児(みどりご) 嬰児(みどりご)
~6歳まで 稚児(ちご、わかいらつこ) 稚児(ちご、わかいらつめ)
~15歳まで 童男(わらべ) 童女(わらめ)
~19歳まで 彦、郎子彦 (ひこ) 姫 (ひめ)
~40歳まで 郎男(いらつお) 郎女(いらつめ)
~70歳まで 大人(うし) 刀自(とじ)
70歳~ 翁 (おきな) 媼 (おうな)

 

細かく分けると上の表のようになりますが、最近では、大人であれば大人命あるいは刀自命、子供の場合は、彦・比古命(ひこのみこと)あるいは姫・比売命(ひめのみこと)をつけるというように、大きく分けられるような傾向があるようです。

 

 

おくりな3

 

このように、諡はある一定の規則に従ってつけられ、仏教のように住職にお願いする必要はありません。
そのため仏式のように戒名を頂くためのお布施は必要なく、これが神式のお葬式が比較的安価であると言われる所以のようです。
正し、戒名料がないというだけですので、費用についてはケースバイケースとなります。
諡には戒名と同じように、故人のことを想ってつけられた名前です。諡に込められた意味について知ることは、故人を偲ぶ上で重要な意味を持ちます。

 

 

おくりな1

 

 

その他の記事を見る
お葬式の費用ss お葬式の費用

>最新記事を見る

エンディングノートを作ろうss エンディングノートを作ろう

>最新記事を見る

生前予約ss 生前予約

>最新記事を見る

お葬式の準備 TOPへ

お葬式の種類ss お葬式の種類

>最新記事を見る

お葬式用語ss お葬式用語

>最新記事を見る

宗教と宗派ss 宗教と宗派

>最新記事を見る

お葬式の豆知識 TOPへ

]喪主・施主のマナーss 喪主・施主のマナー

>最新記事を見る

参列者のマナーss 参列者のマナー

>最新記事を見る

その他のマナーss その他のマナー

>最新記事を見る

お葬式のマナー TOPへ

法要ss 法要

>最新記事を見る

お墓と仏壇ss お墓と仏壇

>最新記事を見る

遺品と取扱いss 遺品と取扱い

>最新記事を見る

お葬式が終わったら TOPへ

PAGE TOP