おそうしき読本

さいごの「別れ」について考えよう。

お葬式の豆知識

お葬式の種類

自由葬とは

自由葬とは

最近、自由葬という言葉を耳にするようになりました。自由葬とはどのようなお葬式で、なぜ増えてきているのでしょう。自由葬は宗教的な儀式の枠にとらわれず、自由に故人を送るお葬式だといわれています。

日本人の多くは(8割程度)仏式でお葬式を行っています。しかしそれは、お葬式とお寺(仏教)が密接に結びついた結果(葬式仏教)であり、日本人の約8割は特定の信仰を持たない無宗教であるというのが実状です。

その8割の人の中に、信仰がないのだから特定の宗教に則ったお葬式はあげたくない、と考える人が増えてきていることが自由葬が増えている理由なのでしょう。

 

自由葬1

無宗教葬と自由葬

無宗教葬とは、宗教者を招かず宗教的な儀式を一切行わないお葬式です。一方、宗教の規範(各宗教・宗派ごとに厳格なお葬式の規範があります)から少しでも外れて、自分好みの要素を加えることができたら、それは自由葬ということがいえます。もっともそのためには宗教者(僧侶、神父・牧師)の理解と協力が必要になります。つまり自由葬には、宗教葬と無宗教葬の二通りがあることを理解しておきましょう。

 

次に自由葬の種類をいくつか説明します。

 

音楽葬

自由葬の代表格といっていいでしょう。故人が好きだった音楽を、生演奏あるいはCDなどで流す中で、故人とのお別れをします。宗教者を招かずに、読経・お祈りなどが一切ないケースが多いようですが、僧侶や神父・牧師の理解さえ得られれば、仏式やキリスト教式のお葬式の中に音楽を流す音楽葬もあります。

 

音楽葬

お別れの会、その他自由葬

自由葬には、ルールや形式は一切ありません。どのような形でも自由です。例をあげると、故人が写っているビデオを上映するお別れ会、故人に縁ある人による会食会、故人が写っている写真や撮影した写真を見ながらのお別れ会、などなど。故人の好み、遺族の希望によりいかようにもつくりあげることができるのが、自由葬です。

 

生前葬

生前葬はこれまでの自由葬とは意味合いが異なります。本来のお葬式は、宗教によりその意味や故人の見送り方は異なりますが、亡くなった人間の魂を慰安する、遺された遺族の安寧を祈る、などに関しては共通しています。ところが生前葬は、まだ死ぬ前に自分を見送るわけですから、宗教的にはちょっとありえないお葬式といえます。そのため宗教者の理解を得ることは難しく、式の形式も明るく(まだ死んでいませんから)オープンに行われることが多いようです。日本では、著名人が社会的な活動の終止符を打つときに行うケースが多く見受けられます。

 

自由葬2

 

わかりやすい自由葬一覧
宗教との関わり 特徴
無宗教葬 なし 宗教者を招かないお葬式すべて
音楽葬 無、有の両方 お葬式中に、音楽が流れる
お別れの会 基本的にはなし 決まりは一切ない自由なお葬式
直葬 無、有の両方 火葬だけのお葬式
生前葬 基本的になし 自分が生きているうちに、何らかの自分を見送るお葬式

 

 

 

その他の記事を見る
お葬式の費用ss お葬式の費用

>最新記事を見る

エンディングノートを作ろうss エンディングノートを作ろう

>最新記事を見る

生前予約ss 生前予約

>最新記事を見る

お葬式の準備 TOPへ

お葬式の種類ss お葬式の種類

>最新記事を見る

お葬式用語ss お葬式用語

>最新記事を見る

宗教と宗派ss 宗教と宗派

>最新記事を見る

お葬式の豆知識 TOPへ

]喪主・施主のマナーss 喪主・施主のマナー

>最新記事を見る

参列者のマナーss 参列者のマナー

>最新記事を見る

その他のマナーss その他のマナー

>最新記事を見る

お葬式のマナー TOPへ

法要ss 法要

>最新記事を見る

お墓と仏壇ss お墓と仏壇

>最新記事を見る

遺品と取扱いss 遺品と取扱い

>最新記事を見る

お葬式が終わったら TOPへ

PAGE TOP