おそうしき読本

さいごの「別れ」について考えよう。

お葬式の豆知識

お葬式の種類

火葬式とは

お葬式の一つの選択肢として、「火葬式」があり、「直葬」と呼ばれることもあります。日本のお葬式は9割が仏教式と言われ、仏教式の流れはお通夜とお葬式を経てから火葬を行い、納骨に至るのが一般的です。

このお通夜とお葬式を行わず、火葬のみで故人を見送るのが火葬式です。ここでは、火葬式の流れとメリット・デメリットについてご紹介します。

火葬式の流れ

火葬式は、一般的に以下の流れで行われます。

 

遺体の搬送
逝去とともに、遺体を搬送します。遺体の搬送先は自宅、または葬儀場など別の場所を決める必要があります。

 

遺体の安置

搬送してから火葬を実施するまでの間、遺体を安置する場所が必要です。自宅に安置しない場合は、安置場所を考える必要があります。

 

納棺

納棺の儀式を行います。一般的に納棺を行う際には末期の水、湯灌、死化粧、死装束への着替えなど一連の儀式を行った後、遺体を棺に納めますが、火葬式ではそれらを全て省略し、臨終時の姿のままで納棺する事も多いようです。

 

火葬

遺体を火葬します。火葬にあたって、火葬場で導師に読経を依頼することもできます。その場合は、葬儀社か菩提寺へ事前に依頼するようにしましょう。

 

お骨上げ

火葬に立ち会った遺族でお骨上げをします。火葬後に残ったお骨を箸でつまんで骨壺に納める儀式です。箸でお骨を拾うのには、「あの世への橋渡しの思い」が込められているといわれています。

 

 

kasoushiki01

 

火葬式のメリット

都心を中心に火葬式を選択する人が増えているのは、家族葬を選択する人が増えているのと同じ理由と言えるでしょう。

火葬式の大きなメリットは、何といっても喪家側の金銭的負担が少なく済むことです。

お葬式の費用は、儀式に必要な祭壇、棺などを含む「葬儀一式費用」、会食費や香典返しなどを含む「飲食接待費用」、お布施やお車代を含む「宗教関係者費用」の三大費用に分けられます。この三大費用がかからず、火葬に必要な費用だけで済むため、費用負担を少なく抑えることが出来るのが大きなメリットとなります。

もう一つのメリットは、遺族の精神的な負担が少ないことです。

大切な家族を亡くした際には、遺族は大きな精神的負担を抱えることになります。その悲しみに暮れる間もなく遺体の搬送、お通夜・お葬式の打ち合わせを済ませ、2日間にわたる儀式を喪主として勤め上げた上、参列者への対応や気配りも必要になります。

事前の準備も大幅に短縮でき、儀式自体も半日程度で済ませることができる火葬式は、遺族の精神・体力の消耗を最小限に抑えられる点でも大きなメリットがあると言えるでしょう。

 

火葬式のデメリット

火葬式にはデメリットもあります。

メリットに「費用を抑えられる」ことを上げましたが、火葬式にかかる費用が火葬費用のみではないことに注意する必要があります。

お通夜やお葬式を行わない場合でも、「遺体の搬送費用」と「遺体の安置費用」また「棺やドライアイス等」火葬のみを行う場合でも最低限必要な物の費用は必ずかかります。

遺体の搬送費用は、お葬式を行う場合は10km以内の搬送がプランに含まれていることが多いですが、お葬式を行わない場合は単体で費用が掛かることを認識しておく必要があります。費用は距離によって異なり、葬儀社に依頼する場合は搬送のみを請け負ってもらえるかどうかを事前に確認する必要があります。

いったん自宅に安置したあと、火葬のために火葬場まで搬送する場合は二回分の搬送が必要になることも考えておかなければなりません。

 

また、安置にも費用が掛かります。「火葬場が足りない?」でもご紹介している通り、火葬場のスケジュールによっては待機を余儀なくされるケースが増えています。
その場合は、安置の日数×安置費用がかかることを考えておかなければなりません。

自宅に安置したくても、「マンションに遺体を安置できる?」でご紹介しているとおり、搬入が困難な場合は予定外の費用が掛かったり、最悪の場合は安置自体が難しい可能性もあります。

搬送や安置について、予定外の出費には備えておく必要があるでしょう。

 

kasoushiki02

 

費用面のみでなく、メンタル面でのデメリットもあります。

お葬式を行わないことで、参列できなかった親戚とトラブルになる可能性があります。お葬式は、故人との最後のお別れをする大切な儀式であることは間違いありません。家族の中で話し合った上での判断であっても、親戚にとっては最後のお別れの場を奪われてしまったと考える人もいるでしょう。
そういった人たちの気持ちを考える上でも、火葬式を決断した際には事後報告は禁物です。できるだけ事前に経緯や理由を伝え、火葬式についての理解を求めることが必要です。

 

メンタル面でのデメリットは、残された家族にもあります。

グリーフケアとお葬式」でもご紹介している通り、「お葬式」は遺族が故人の死と向き合う大切な場でもあります。現実感を喪失した悲しみの中で、個人と縁のある人たちと交流して悲しみを分かち合うことで、自身も少しづつ故人の死を受けていることができるのです。

この儀式を経ないことで、故人への気持ちを整理できないままになってしまう可能性もあります。

 

このように、火葬式にはメリットとデメリットがあります。どのような形で故人とお別れし、また見送るのか。家族間でよく話し合うことが後悔しないお別れの秘訣と言えるでしょう。

 

kasoushiki03

 

 

 

その他の記事を見る
お葬式の費用ss お葬式の費用

>最新記事を見る

エンディングノートを作ろうss エンディングノートを作ろう

>最新記事を見る

生前予約ss 生前予約

>最新記事を見る

お葬式の準備 TOPへ

お葬式の種類ss お葬式の種類

>最新記事を見る

お葬式用語ss お葬式用語

>最新記事を見る

宗教と宗派ss 宗教と宗派

>最新記事を見る

お葬式の豆知識 TOPへ

]喪主・施主のマナーss 喪主・施主のマナー

>最新記事を見る

参列者のマナーss 参列者のマナー

>最新記事を見る

その他のマナーss その他のマナー

>最新記事を見る

お葬式のマナー TOPへ

法要ss 法要

>最新記事を見る

お墓と仏壇ss お墓と仏壇

>最新記事を見る

遺品と取扱いss 遺品と取扱い

>最新記事を見る

お葬式が終わったら TOPへ

PAGE TOP